ブックメーカー比較おすすめランキング

ブックメーカー比較おすすめベスト3
特徴一覧
ピクナルスポーツpinnaclesports.com
No1:ピナクルスポーツ
人気度→☆☆☆☆☆

ベストオッズを提供
アービトラージ歓迎
ウィナーを歓迎する
操作が非常に簡単&日本語対応
→受賞歴が高く、オッズが他と比較し高いことから
プロに人気の高いブックメーカー比較おすすめNo.1

pinnaclesports

ウィリアムヒルwilliamhill.com
No2:ウィリアムヒル
人気度→☆☆☆☆

特別プロモーションが多数開催
ベットオプションが豊富
凱旋門賞など競馬に対応
完全日本語対応&操作も簡単
→イギリスで最も知名度と実績を誇るブックメーカー。
ロンドン証券取引所上場している信頼度No1を誇る

williamhill

bet365bet365.com
No3:BET365
人気度→☆☆☆

ユーストリーム生中継ライブ配信
Matchライブ配信
ベットオプションが豊富
ライブベッティングが非常に便利!
→ライブ別途では生中継動画がみれることで有名。
特にライブベッドをやりたい方におすすめといえます

bet365


ブックメーカー比較おすすめランキング総合1位

ピナクルスポーツ

picnacle

ピナクルスポーツの最大のメリットとして
挙げられるのはオッズの高さになります

それ以外にも業界で様々な点で評価が高いといわれています

ピナクルスポーツ特徴4

  • ベストオッズ
  • 最高の上限金額
  • ウィナーを歓迎するブックメーカー業者

などなどこのピナクルスポーツでしかできない
ユーザー重視の運営が高評価につながっています

ピナクルスポーツ特徴1

ピナクルスポーツのオッズの高さの理由は
上記のような余分なコストを宣伝やプロモーションに

回さずに経費を削減することでオッズの高さの安定
につながっているというわけなんです

ピナクルスポーツ特徴2

確かにユーザー目線にたてば高額な宣伝よりもより
大きな払い戻し額を期待する声は当然といえるでしょう。

オッズ重視でブックメーカーを比較して
選びたいのであれば間違いなくピナクルスポーツがおすすめといえます!

日本語対応で非常にわかりやすく
シンプルなベッティングを楽しむことができます。

pinnaclesports
公式HP→pinnaclesports.com


ブックメーカー比較おすすめランキング総合2位

ウィリアムヒル

williamhill
ウィリアムヒルのメリットとしては

  • ベットオプションが豊富であること
  • プロモーションが数多く行われている

などの特徴があります
また現在日本語対応で凱旋門賞や天皇賞などに
賭けることのできるブックメーカー業者はウィリアムヒルだけです。
競馬をメインとしたブックメーカーを比較した場合
であればウィリアムヒルをおすすめします

williamhill
公式HP→www.williamhill.com


ブックメーカー比較おすすめランキング総合3位

Bet365

bet365

BET365の利点はなんといっても

  • Match Live【マッチライブ】
  • Streaming Live【ストリーミングライブ】

という2つの生中継映像をみながら
ライブベッティングを楽しむことができるという点になります

またベッティングの種類もたくさんあり
さまざまな形で賭けを楽しむことができます

Match Live

matchlive1

Match Liveでは今どのような点数で、
サーブ情報やタイムアウトの詳細などを知らせてくれます
またボールの軌道なども詳細に見ることが可能です。

ストリーミング配信は、スケジュールの関係があり
毎回いつでも視聴することができないというデメリットがありますが、
こちらのMatch Liveではいつでも365BETで見ることが可能です

Streaming Live

livestreaming1

こちらは、実際にスケジュール通りに、
生中継を楽しみながらライブベッティングを行うことができます
実際にどのような映像で流れているのか参考のため以下の動画をご覧ください

Streaming Live動画配信映像【テニス編】

上記のような生中継を見ながらベッティングが
行えるのは間違いなく365BETの魅力といえるでしょう
ただし上記のような配信は、いつでも視聴可能というわけではなく

スケジュール

スケジュール通りに配信されているかと思います。
ですが、実際に生中継観戦を行いながらベッティングをする魅力は
非常にメリットが高いので、もしそのようなライブベッティングを
重視したブックメーカー比較・選びであれば365BETはおすすめです

bet365
公式HP→www.bet365.com

サブコンテンツ

このページの先頭へ