サッカーのロスタイムについて

サッカーの試合時間の中で、
プレーしている選手達も、
それを観ている観客も、
何とも言えない感覚になってしまうのは、
ロスタイムだと私は思っています。

サッカーには、
必ず前半後半の試合時間の後に
ロスタイムという時間が設けられています。
ですので、前半後半きっちりの時間で終わるということはほぼなく、
最後に何分かだけでこのロスタイムというものが必ずあります。

ロスタイムというのは、
終了間際の僅かな時間であるがゆえに、
プレーしている選手の心を乱してしまうものです。

それは、勝っているチームならば「早く終わってくれ」
と思うでしょうし、負けているチームならば「まだロスタイムがある」と思います。

そして、実際にロスタイムで得点が入ったりすることがありますので、
やはりロスタイムという時間帯には不思議な魔力があると私は思っています。

ですので、
これからもロスタイムの時間帯には特に注目をしながら
サッカーを観戦していきたいと私は思っています。

ブックメーカー比較TOPに戻る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ