凱旋門賞でいつか日本の牝馬の姿も見たい

今年も海の向こうでは凱旋門賞が行われ、
日本馬が2頭出走します。
いずれも日本でも実績もあり、
非常に期待させる馬ですが、
個人的にはジェンティルドンナにも
行ってほしかったと思っています。

日本の競走馬ではこれまで凱旋門賞に
挑戦したのはいずれも牡馬であり、
牝馬の挑戦はこれまでありませんでしたので、
今年こそはと思っていました。

特に牝馬三冠を達成し、
ジャパンカップでは牡馬三冠馬の
オルフェーヴルにも競り勝った馬です。

斤量での有利な面も考えると、
勝算は結構あったんじゃないかな?という印象です。
去年の凱旋門賞を勝ったのも牝馬であり、
このレースは非常に牝馬に相性が良いという特徴もあります。

今年は牡馬が2頭出走しますから、
そういう意味では申し分はないのですが、
是非早く日本の強い牝馬が
フランスのロンシャンで走っている姿を見たいと思います。
そして、とにかく牡馬でも牝馬でも
良いので日本競馬界の悲願である凱旋門賞制覇という夢を果たしてほしいです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ