一本足打法誕生

世界の本塁打王王貞治選手の代名詞といえば一本足打法です。
この打法の誕生には荒川コーチの存在が大きく関わっていました。
そもそも二人の出会いは王選手が子供時代にまで遡ります

散歩をしていた荒川コーチが草野球を
していた王選手を偶然見て、
左で打つようにアドバイスをしたそうです。
その後巨人に入団した王選手でしたが、
打者としてはパッとせず
、見かねた監督が招聘したのが荒川コーチでした。

この時荒川コーチが選ばれた理由としては、
大毎オリオンズで榎本喜八という左打者を育て上げるなど
左打者の育成に定評があったからです。

王専属コーチのような形で入団した荒川コーチは
監督から25本の本塁打を打てるバッターに育ててくれとの要請を受けました
王選手のバッティングフォームを見た荒川コーチはすぐに弱点を見抜き、
その解決策として別当薫選手のように足を上げるフォームにすることを提案しました。
ただこのフォームは崩されやすいので、崩れないように日本刀などを用いて血のにじむような練習を行い、

ついに一本足打法を完成させたのです。

ブックメーカー比較TOPに戻る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ