サッカーのディフェンスはドリブル突破が最も怖い

“私は、サッカーのディフェンスが
最も怖いと感じているのは、ボールを持った選手が
ドリブル突破してくることだと思います。

最近では、ヨーロッパのパスサッカーというもの
がサッカー界の主流になりつつありますが、
ディフェンス側としては最初からパスをすると
わかっている選手にはあまり怖さを感じません。

確かに、絶妙なスペースに
スルーパスを出されてしまえば決定的な
チャンスを作ることになりますので、
そこはしっかりと対処しなければいけないのは間違いないです。

ただ、ディフェンスととしては、
多少強引であっても、
ディフェンスを抜きにかかろうとしてくるほうが怖いです。

なぜならば、そちらのほうがパスをするよりも、
よりゴールに対する執念や執着心を感じるからです。

こういった個人技主体のプレーというのは、
特に南米のサッカー選手に多いわけですが、
ディフェンスはその個人技に圧倒されないように
気持ちを強くもってディフェンスをすることが大切だと私は思っています。

ブックメーカー比較TOPに戻る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ