活躍できるスポーツ年齢が延びる

スポーツといえば若い人の特権とまではいえなくても
特にプロスポーツの世界は20代が中心で構成されています。

しかし、年齢を感じさせないベテランもまだまだ活躍してます。
代表されるのがプロテニスプレーヤーのクルム伊達公子選手です。
一度引退しながらも復帰し40歳を過ぎた現在でも4大大会に出場し勝利しています。

またサッカー選手の三浦知良選手も40代半ばですが現役を続けています。
このように代表される例に挙げた二人だけでなくスポーツ選手の選手寿命も
科学の発達などでかなり延びてきたといえます。

怪我に対するケアや競技に対するモチベーションの
維持などフィジカルな面でもメンタルな面でも継続できるように進化しています。
その一方で若い人たちも十分にチャンスを活かして出てきています。

体操の白井選手は10代にして自分の名前が技になるという完成度ぶりです。
100メートル走の桐生選手も高校生ながら9秒台にあともう少しとせまっています。
スポーツを楽しむ年齢が延びるのは高齢化社会にもプラスになるのではないでしょうか。

ブックメーカー比較TOPに戻る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ